PROFILE
ささきひろ子
声楽家(メゾソプラノ/アルト)・ボイストレーナー・ヨガインストラクター

  
全日本合唱コンクール全国大会金賞団体のボイスコーチ担当するなど、声の指導実績は1000人を超える過去日本人では約30人しかいない世界青少年合唱団world youth choir日本代表として、2004年日本公演に唯一の日本人として出演。Asian youth choirも合わせると日本代表としての参加回数最多。2008年には北京五輪開会式に出演した日本人音楽家8人の1人として歌い、ジャッキーチェンと共演。10代からの海外演奏経験から、25か国で演奏経験があり、17か国語の歌唱指導を行う。音楽療法の知識やヨガインストラクターの資格を生かした、体と声と心の密接な関係をひもとくボイストレーニングで、若さを取り戻し、魅力的に見られるようになったと好評を得ている。宮城県出身 宝塚市在住。ヨガ歴15年。
⇒チラシなど広報物用の経歴
宮城県出身。現在は西日本を中心にヘンデル「メサイア」バッハ「教会カンタータ」などの宗教曲のソリスト等、バロック・アンサンブル分野での演奏活動を行う。エリザベト音大付属エリザベトシンガーズ正団員。ワールドユース合唱団(2004‐2008)アジアユース合唱団(2000-2009)日本代表。身体と声のつながりのテクニックを取り入れたボイストレーニングを東京・関西・広島・福岡で行う。淀川混声合唱団、女声合唱団エントアール、Ensemble Spirandiボイストレーナー。宮城教育大学生涯教育総合課程芸術文化専攻声楽卒業。仙台オペラ協会研究生修了。オランダはじめ国内外にて公開レッスン・マスタークラス受講。声楽を広瀬奈緒、高橋絵里、波多野睦美に、合唱指揮を松原千振に師事。

 

⇒詳細な経歴

宮城県出身。3年前より関西在住。
幼い頃より合唱をはじめ、高校時代より本格的に声楽を学び始める。
宮城教育大学生涯教育総合課程芸術文化専攻声楽卒業。仙台オペラ協会研究生修了。
クラシック声楽を学ぶ傍ら、20代前後は日本および世界中の民俗芸能に親しみ、様々な発声法の民謡や民族楽器、民族舞踊を学ぶ。
声楽を、岩瀬りゅう子、應和惠子、広瀬奈緒、高橋絵里、波多野睦美に師事。
合唱指揮を、松原千振に師事。

 

オペラ分野では、
仙台オペラ協会にて演じた、
モーツァルト作曲の『フィガロの結婚』でのケルビーノ役とマルチェリーナ役、『魔笛』第3の侍女、
チマローザ作曲の『秘密の結婚』でのフィダルマ役、
ベッリーニ作曲の『カプレーティ家とモンテッキ家』でのロメオ役、
などコミカルな役柄や、男性役を得意とする。

 

 

 

 

現在は西日本を拠点に、
ヘンデル「メサイヤ」、バッハ「教会カンタータ」、ペルゴレージ「スタバト・マーテル」、
などの宗教曲のアルトソリストや、西暦17世紀頃のイギリスのバロック音楽を中心とした古楽作品、
中世・ルネサンス期の作品からワールドワイドな現代音楽めでのアンサンブル分野の演奏を中心に声楽活動している。

 

最近では、ミュージカルやポップス・ジャズのレパートリーも披露。

阪神百貨店うめだ本店「猫まるごとフェスティバル」でのミニコンサートをはじめ、各種イベントや経営者交流会やパーティでの依頼演奏も行う。

 

 

   

また、広島市にあるエリザベト音大にて、
「合唱」授業アシスタント、エリザベト音大付属エリザベトシンガーズ正団員。
ヨーロッパへの演奏旅行やCD(「高田三郎:混声合唱のための典礼聖歌」シリーズ等)をリリースするなど精力的に活動している。

      

ボーカルアンサンブルの分野では、アカペラ4重唱のグループ『 laulaula 』8重唱の グループ『 the Cygnus Vocal Octet 』など立ち上げる。1人1声アンサンブルグループに所属し、合唱祭やコンクールの審査員も行う。
児童合唱団や学校合唱部、大学の合唱サークルから一般合唱団まで、幅広い年齢層の合唱団のアンサンブルトレーナーやヴォイスコーチを務めており、全日本合唱コンクール全国大会連続金賞団体を指導。

  

海外経験および多数の言語での演奏経歴を踏まえた、英語を中心とした声のトレーニングには定評がある。
個人指導だけでも1000人以上の指導実績。個人・グループ向けに、ヨガ(International Yoga Center公認Flow-Slow YOGA・ラジヨガ体操 インストラクター資格所持)やアレクサンダーテクニーク、アドラー式コーチングの知識を生かした「心と声と身体」の指導を行っており、世界各国から公演・共演依頼やボイストレーナーの依頼がある。

   

世界中での演奏経験の際、様々な言語に触れて生活し、様々な言語の歌を歌ってきたため、多言語学習にも行い、自身も英語(TOEIC Aレベル)、フランス語(仏検3級・同時に最高得点で特別賞受賞)、ハングル(ハングル検定4級)、イタリア語、ドイツ語、インドネシア語等を学ぶ。トラベルライター養成講座を修了しており、演奏旅行記なども専門誌に寄稿している。
芸術全般に造詣が深く、音楽と美術、両方の教員免許状を取得している。

海外での演奏活動

アジアユース合唱団のオーデションを最年少18歳にて合格し、日本代表に選出され、のべ20カ国以上の国々で演奏を披露。
日本において【横浜みなとみらいホール】や【カザルスホール】などで公演し、アジア作曲家連盟主催「アジア音楽週間2000 in 横浜」に参加。
活動の際に管弦楽奏者で著名なチェリストのヨーヨー・マとも交流。

そのアジアユース合唱団の際に出会ったメンバーの中からアジアの若いヴォーカリストでの12人のグループ ”Asiaccatura” を結成しインドネシアにてツアー演奏を実施。
バタヴィアマドリガルシンガーズ日本公演に参加、オーケストラアンサンブル金沢と共演。
※Asiaccaruraは、今アジアの若手合唱作曲家として注目を浴びているインドネシア出身の作曲家Ivan Yohanを中心となって結成された。

20042008年 World Youth Choir日本代表

過去日本人では約30人しかいない世界青少年合唱団world youth choir日本代表として、2004年日本公演に唯一の日本人として出演。Asian youth choirも合わせると日本代表としての参加回数最多。2008年には北京五輪開会式に出演した日本人音楽家8人の1人として歌い、ジャッキーチェンと共演。

アジアや中東など世界各地をツアー・CD録音や式典に参加。 大韓民国大統領公邸・イスラエル外務省などで歌う。